病気相談

過去の病気相談で内容は以前「治療院コム」で(池田@群馬県・秋森@群馬県・中村@京都・酒井@千葉県・三瓶@福島県・牧@愛知県)で行っていたものを含みます。

耳の病気

鍼灸何でも相談室(耳の病気)

  • Q. No.7耳鳴り

    ここ数年耳鳴りに悩んでいます。耳鳴りにははり治療がよく効くと伺ったので一度診ていただきたいと思うのですが、治療費はどのくらいかかるのでしょうか?

    匿名[2004/11/19-11:34:41]
     
  • A. No.7-1Re:耳鳴り

    通常の治療と変わりませんので、5,000円(初診時はプラス1000円)です。
    治療は特に耳鳴りによく使われる首周辺や手などの経穴を多く使いますが、それを起こしている原因がいろいろ考えられますので、最初はいろいろお聞きしなくてはいけません。それからその方に合った全身治療になります。
     
  • No.7-2Re:耳鳴り(その後)

    耳鳴りですが、9回目の治療後から急激に良くなってきました。唾を飲む度に鳴っていた「ブツッ」と言う音もなくなり、これにより左右の音程と音量の差がほとんど解消しました。先生が説明されていた耳管を狭くしていた原因が改善されてきたのでしょうか?
    その後、仕事が忙しくて行けませんでしたが、完治とまではいきませんが高いレベルで安定しております。音楽を聞いても左右同じように聞こえるというのは普通のことなのでしょうが快適です。
    ただ私は元々肩凝りがひどいので、またひどくならないように予防の意味を含めて定期的にお伺いしようと思っております。

    追伸:のどが渇く
    僕はどうも口の中が乾く方で水分を多く摂ってしまいます。特に体が乾くというわけではなく口の中だけが乾く感じがするのです。そのため人並み以上によく汗が出ます。もしかしたらこれは臓器のどこかがが弱っていて唾液の出が悪くなっているのでしょうか?もし何か対処の方法がございましたら教えていただけませんでしょうか。
     
  • A. No.7-3Re:耳鳴り

    よかったですね。耳鳴りは完治というのはむづかしい事が多く、少なければ共存というか、忘れるようにすることも必要かもしれません。もちろん疲れとか寝不足などの、ある意味バロメーターにもなりますので無理しないで体を休めたり”肩こり”の治療は効果的ですが(^^)

    のどが渇くに関してですが、口渇には漢方薬ではよく「白虎加人参湯」が使われます。口渇がおきる原因に薬”抗うつ薬や向精神薬”を使った場合の副作用というのもありますが、患者さんは服薬し
    ていないだろうから、他の原因ですかね。東洋医学では”口燥”というんですが、身体が”陰”というか”虚”などと表現しますが、五臓六腑でいえば、腎と肺の弱りを指します。つまりわかりやすく言えば、下が冷えて上に熱が上がりすぎる傾向です。わかり易くないな・・・体が冷えている状態。原因は、矛盾していると思われるでしょうが、水のとり過ぎで身体を冷やしたとか、夜更かし、疲れ、心労、セックス過多、悩み、甘いものとり過ぎ、などなど・・・いろいろ考えられますが、もともとの体質というのもありますし・・・耳鳴りも実はこの腎の虚でして、こういう症状と関連しています。答えになっていないかもしれませんが。

 

2017/03/23 耳の病気   sakai
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください