病気相談

過去の病気相談で内容は以前「治療院コム」で(池田@群馬県・秋森@群馬県・中村@京都・酒井@千葉県・三瓶@福島県・牧@愛知県)で行っていたものを含みます。

皮膚の病気

皮膚の病気(帯状疱疹・アトピー性皮膚炎など)

  • Q. No.2021 帯状疱疹について

    早速の回答ありがとうございました。ではきっと「たまたま」が重なったのですね。ただ2回の鍼治療とも2?3時間後には症状がでていたのでもしかして・・・と思い質問させていただきました。なにぶんここ数ヶ月生まれて初めての痛みや症状を体験していて不安だったもので…。わかりやすく説明いただきありがとうございました。

    こうの [2005/10/06-19:08:18] 
     
  • A. No.2021-1 Re:帯状疱疹について

    自らの身体に及ぼされる継続的で不快な痛みは心も痛めます。心身一如という東洋的な考え方にもそのような関連付けがありますが、不安になったり何事に対してもネガティブ思考になったりするのは当然の現象です。
    こうのさんは、セカンドオピニオンのアドバイスを求められたわけで、まだ客観視できている冷静な状態にあると思われます。クールな方なのかも知れませんね・・。ところで、鍼による神経刺激(?)がヘルペスを誘発させたのではないか?という疑問を完全否定することも出来ないことを付け加えておきます。つまり厳密には肯定も否定もできません。ネットで調べられているのでご承知だと思いますが、発病のメカニズムがまだよくわかっていない病気だからです。
    では、できましたらお仕事を少し控え、お気持ちを平安に、御身体をお安めになり、免疫力を高めるような生活をしばらく(再発もありますので一生か?)お続けになってください。

     
  • Q. No.2020 帯状疱疹と鍼治療について

    9月に子宮外妊娠の為開腹手術をし退院後体調回復(術後の生理もまだきていません)のため近所の鍼灸院にて治療をしていただきました。治療の翌日左胸の脇にチクチクとした痛みと背中に痒みを感じ、さらに次の日に背中と胸の脇に発疹ができ皮膚科にて帯状疱疹と診断されました。その次の鍼治療の翌日には左後頭部から首にかけての鈍痛があり神経痛と診断されました。その鍼灸院の先生からは鍼治療とは関係ないと説明されましたが本当に関係ないのでしょうか?確かに体力や免疫力の低下で帯状疱疹にかかるし神経痛はおきると皮膚科の先生にもいわれましたが鍼治療の後に症状が強く出るように思います。ただ悪くなるタイミングが治療と重なっただけでしょうか?
    先生もやはり鍼治療とは関係ないと思われますか?(別に関係があったらどうこうというわけではないのですが、自分の体についてちゃんと知りたいと思い始めたところだったので)宜しくお願いいたします。

    こうの [2005/10/06-10:55:28]
     
  • A. No.2020-1 Re:帯状疱疹と鍼治療について

    帯状疱疹後の神経痛がおきているとのこと、さぞおつらいことと思います。 さて、ご質問の鍼灸治療との因果関係についてですが、次々と発症して関係を疑われるお気持ちは分かりますが、帯状疱疹の発症メカニズムから直接的な影響を与えたというようなことを結びつけて考えることは今の科学では証明されていません。
    原因となる水ぼうそうウイルスは治癒後身体内に潜んでおり、抵抗力が落ちるといった何らかのきっかけでまた発症するのですが・・、鍼刺激がそのきっかけに関与したかどうか?ですね。同じような免疫力が落ちていると思われる患者さんに対して治療をすると発症するというようなケースが多々あれば因果関係を疑われるのですが、そのような事例は今の所報告がありません。
    過去に水疱瘡になった方でしかも極端に体力が落ち、免疫力が低下していると思われる患者さんの治療を多く行っていますが、私も経験していません。
    たまたまでは再現性がありませんので、証明できませんし・・・また、それ(鍼)以前に開腹手術によってメス(同じ金属)を入れられていますが、それが原因になったのでは?という疑いも同様に考えられるわけで、金属で刺激されるという行為と発症するまでの発現期間(その日なのか数日後なのか?)などを考慮し、それらのバイアス(誤差)を一つ一つ排除し真の原因を探る必要があります。「そんな気がする」とか「のようだ」ではエビデンス(科学的根拠)に基づいた証明ができませんから。
    研究活動をやっておりますと、いつも、そんなクールな見方をしてしまいます。ですが、患者さんの苦痛を取り去るために最大の効果を出せるものは何か?ということを考えているためですのでお許しを。
    こうの様の一日も速い回復をお祈りいたしております。 

 

2017/03/23 皮膚の病気   sakai
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください