病気相談

過去の病気相談で内容は以前「治療院コム」で(池田@群馬県・秋森@群馬県・中村@京都・酒井@千葉県・三瓶@福島県・牧@愛知県)で行っていたものを含みます。

眼瞼痙攣

お悩み相談【ボツリヌス注射も効かない眼瞼痙攣】編

質問 ボツリヌス注射も効かない眼瞼痙攣
年齢  
性別  
症状
病名
眼瞼痙攣
今の
症状
右目の周りが、痙攣し、ひどい時には、右口角が上へ引きつります。痙攣は1時間に5,6回あります。
いつ
から
3年前、その時は、目の周りがピクピクする程度
今の
治療
 
発病
経過
だいぶ悪くなってきている
質問
内容
3年ほど前よりなり、去年の10月に病院にて、ボトックス注射を打ち、6ヶ月しか効果がないそうで、4月から、又、痙攣が出始め、ひどい時はまぶたが半分くらいふさがり、右口角が、うえへ引きつります。注射は打ちたくなく、他の方法で直ることはないかと思い、ご相談いたします。
回答 今回ご質問いただきました、眼瞼痙攣の治療についてですが、鍼灸の適応とのことでアンサー全員一致しました。ぜひ、鍼灸治療をお試しになることをお勧めいたします。
眼瞼に限らず、顔、その他様々な場所における痙攣の治療には鍼灸は非常に効果的な場合が多いのですが、何分、メールだけで実際に診察の上お答えしているわけではないことをご了承下さい。
その上で、アンサーで討議したところボトックス(ボツリヌス菌注射)を行いながら鍼治療を受けておられる患者さんはしばしば見受けられます。そして、その経過の長さや、痙攣の程度から考えますと、
1・ボトックス注射を普通に継続しながら、鍼治療を併用する
2・ボトックス注射を行い、薬効が切れる時に症状が落ち着くように、
注射後3,4か月目から鍼治療を開始してゆく。
そして、両方とも症状が緩解していれば、そのまま注射を見合わせてみる
といった選択肢が、各先生の経験から案として出されました。
どういった方法によるかは、通院を始めた鍼灸院で担当の鍼灸師に尋ねられるのが一番良いと思います。
★参考になれば幸いです。

 

2017/03/24 痙攣   sakai
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください