病気相談

過去の病気相談で内容は以前「治療院コム」で(池田@群馬県・秋森@群馬県・中村@京都・酒井@千葉県・三瓶@福島県・牧@愛知県)で行っていたものを含みます。

美容鍼

美容鍼灸ブーム?

最近はすっかりブームになっている「美容鍼灸」だが、実はこれを流行らせた北川氏とは以前「医道の日本社」で鍼灸の情報化に関することで対談をしている。さて、「美容鍼灸」っていう定義はなんなのか? 彼は「人体の外見美に対する評価の向上を一義的な目的として行われる鍼灸」としている。なるほど。しかし、それだけでは言い表せない、もっと広義な意味合いも含まれるかもしれない。とにかく着眼点はすばらしく、流行らせた功績は大きい。特に女性鍼灸師や若い方々には人気が高く、芸能人のファンも多い。

ちなみに私も『美人になるツボ教えます!!』という漫画家 赤星たみこ先生が書かれた本の監修を手伝ったり、テレビ出演したりして「美容鍼灸」を流行らせようとした時期がある。また斉藤由貴主演のテレビドラマ『別れたら好きな人』で登場した鍼灸院は当院がモデルだったが、これらは残念ながらブームになるほどブレイクはしなかった。

なお、私が考えるのは、古来より行われてきた鍼灸という手技の中で特にアンチエイジング的な効果を発揮する技法の一部を使ったもののような気がする。実際私が行っているのは、そうだ。
ただし、効果を持続・維持し最大に発揮させるためには生活習慣の見直しや心の問題なども重要で、東洋医学は「心身一如」の考えが基本になっているように、心と身体の両面から改善も考慮すべきであろう。顔面部に関して言えば、人は加齢と共に生じる変化があり、それに完全に逆行することは難しいが進行を遅らせたり目立たなくすることは可能だ。

表情筋に沿ってシワやタルミが生じるが、これは豊かな表情を作るのに欠かせない筋肉で、一概に敵視するのもどうか?と思うが、それによって印象が変わり仕事に影響の出る方も多いだろう。特に女優やアナウンサーなどメディアに露出し見られる機会の多い方達にとっては、どうにかしたいと思う気持ちはよく理解できる。舞台ならともなくデジタル映像のTVなどはあまり誤魔化しがきかないようで可愛そうだ。
実は私も大昔のことだが、野外にテントを張って芝居をする劇団に入っていた。いまだにその頃の役者やダンサー仲間との付き合いがあり、お忍びで治療に来られる役者もいる。

当院で行っている美顔ないしは美容鍼とはどんなものかを紹介

一番多いのは皮膚に何らかの障害をもつ方の治療として。根本的な原因疾患の治療と合わせて行っている。アトピーや内臓疾患からくる場合もあるし、首から上の原因だけではない。実に様々。

全身的な(特に末梢血流量の低下)血行障害で皮膚を含めた組織の再生が思うように行かないとか、乾燥しやすい皮膚の状態が恒常化しているとか、浮腫・むくみなどの水分代謝異常があるとか、顔面神経麻痺のように神経が障害されている場合もある。

昔から顔面部の吹き出物のような治療の特攻穴に肩にある「肩井穴」がよく使われてきたが、首や肩の凝りによって顔面部に行っている血管や神経を圧迫し、起こることは容易に推測できる。

更には筋萎縮性側索硬化症(ALS)で表情筋を上手に動かせなくなったり、パーキンソン病などでも起こるような無表情になる仮面様顔貌などの改善。または発声に関係する顔や喉の筋肉を刺激して言葉が聞き取りやすくなるような治療をすることもある。
 

手順を追ってその内容を説明

<<問診>>

最初に通常通り問診を行い、体質や現在の身体の状況を総合的に判断すると同時に生活習慣に問題点や改善すべきことはないかを時間をかけて探り出す。必要に応じて運動や食事に関するアドバイスなども行う。
※初診時は質問事項も多いので時間に余裕がある時にお出でください。
 

<<望診>>

気になる点、どこをどうしたいかなどをお尋ねし、ご希望をうかがった上で改善すべき部分をチェックしていきます。
その際、治療前後、あるいは初診時と比較してどう変化したかなどを確認用にお顔の写真を撮らせていただきます。後にパソコンでディスプレーに写して今後の治療方針などについて一緒に検討させていただきます。

<<治療>>

顔面部に使用する鍼は全て0.1mmほどの細く短いシングルユースディスポーザブルの鍼を使用して行いたり、通電用の細い鍼を用います。
刺入方法は、「置鍼」といって刺した鍼をそのまま一定時間置いておく方法と、鍼に微弱な電流を流して皮下の筋肉を動かしたり皮膚組織に刺激を与える「鍼通電療法」方法があります。部位によって、この2種類の方法を取り混ぜて行っています。
 
刺入する部位は図に示すように刺入する部位と手技別に

(A)表皮(皮膚表面から0.2mm程度)層

細かいシワなどへ数本刺したまま置鍼術を行います。

(B)表皮の下にある2mmほどの真皮層

皮膚に平行に鍼を刺入しコラーゲンの再生力を高め、エラスチンに刺激を与えて皮膚の弾性を強めます。この部分は重要なので、なるべく広範囲に小さな組織破壊を生じさせるためにこのように平行して長めに刺入する必要があるのです。(破壊後に新たに新鮮な細胞によって再生されます)

(C)皮下組織にまで達する刺入

通常の鍼治療と同様に顔面部を支配している筋肉や神経を刺激し、お肌のトラブルの原因になっている内面の問題を解消します。これにより血行が促進され、水分やリンパの代謝がマッサージなどとは比べ物にならないくらい激しく促進されます。

刺入時の痛みは?

鍼は細いうえに、押し手(右図で説明)という皮膚を圧しながら突っ張る手技等により無痛で刺入可能です。これは古来より行われた高い技術をもって伝承されてきたものですのでご安心ください。

打つ本数は?

仮に全身治療を組み合わせて行った場合でも、通常数百本も打つようなことはありません。
「数打ちゃ当たる!」というようなものではなく、必要最小限の本数で的を絞って刺激します。

治療費は?

美容鍼だからといって特別なことは無く一般の治療とほぼ同じです。ただし顔を中心とした部分の治療と全身治療を合わせて同日に行う場合は、倍の治療時間を要しますので、2回分の治療費用が必要です。(高くて1回5千円なので1万円を越すことはない)また、お忍びで来られて診療時間外に対応させていただく場合も相談願います。

リスクについて

顔面部は細く切れやすい毛細血管が密集していますので、当然起こりうることととして内出血があります。そうならないように慎重に刺入本数も最小にして行いますが、こればかりは絶対ということはなく、どうしても避けがたいことなのです。
鍼とはいえ注射針のように太いものではなく、刺入に損傷する組織も少ないですが、作為的に細胞を壊していますので、たまに血管を傷つけてしまい内出血に至ることもあります。その後は当然、部分的に赤くなり、その後青アザが生じます。目の周辺だと、まるでDVにあったようになるかもしれません。
それによる後遺症や害はあるのか?と心配されることもあるでしょうが、それに関してはあまり考えられません。むしろアザが残っている内は刺激が継続して効果が上がるということも考えられます。
また、痛みや違和感を多少感じる場合もあるかもしれませんがファンデーションやコンシーラーなどで隠していただいて1週間程度で消えるものと思います。
当院では事前にこのリスクに関して十分にご説明した上で同意いただけたら治療を開始します。

今日の美容鍼

「美顔鍼」とは?具体的にどんなものなのかについて、ちょっと書いてみます。

3日前はじめて美容鍼をお受けになった方が本日お見えになって2回目の治療を行いました。その方のレポートです。写真は控えさせていただきます。よってイラストでご説明します。

●年齢72歳 カルチャースクールの先生

整った顔立ちの方で、年齢の割にはお顔のしわも少なく浅めですが、人前でお話になる機会が多いのでお手入れをしたいとのこと。気になる点を上げていただき、お顔を拝見しながら今後の治療方針を決める。

<<改善点>>

  1. ホウレイ線
  2. 頬の張りを取り戻したい
  3. 目の下のクマ
  4. 目じりのシワ
  5. 額のシワ
  6. 右肩下がりの姿勢

<<治療>>

イラストの赤点には置鍼のみ。青点間は鍼通電療法にて表情筋+顔面神経の刺激を約20分行う。

その後、超音波治療器(深部用)にて約10分間海草から抽出したエキスを塗ってマッサージ。

1回目

主に顔面神経の枝分かれ部分を基点に目周辺と頬、下顎を中心に通電。

直後変化としてはホウレイ線がやや薄らいで全体的に各パーツが水平になってきた。

1日経過してから電話で報告を受けた。

内容:治療後の変化がはっきりと感じられ、特に頬の辺りに張りがもどってきた。

2回目

新たに改善点として顎のシワと首筋のシワを何とかしたいとの要求があった。

そのご要望を入れ、顔面神経の分岐点および前頭枝と、オトガイ筋の緊張をとるためにオトガイ孔および首の星状神経節への刺鍼を行う。また、ホウレイ線と目の下の真皮に平行に置鍼。

直後から張りが戻ったような変化が出始めるも、次回来院まで経過観察。

 

 

 

 

2016/05/13 美容   sakai
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください