病気相談

過去の病気相談で内容は以前「治療院コム」のアンサーチームで行っていたものを含みます。

交通事故後遺症で膝

質問 交通事故後遺症について
年齢  
性別  
症状
病名
 
今の
症状
 
いつ
から
 
今の
治療
 
発病
経過
 
質問
内容
昨年8月末交通事故に遭い、左大腿骨骨折・脳挫傷で1か月意識不明でした。
10月より歩行訓練・膝関節可動域訓練を開始しました。
しかし、膝が思うように曲がらず、2月末に観血的左膝
受動術を受けました。
1か月間足を吊り、膝関節を動かさなかったことによる
筋肉の癒着が原因であろうとのことだったのですが、
癒着をはがしてもあまり曲がらず、そのため腱がはがれ、
結果的に逆効果でした。医師もはっきりとした原因はわ
からないようで、大腿部の筋肉萎縮だろうとのことでした。
5月に退院して杖なしでも歩けるまでになりましたが、
70度程しか左膝は曲がらず、生活にも様々な支障をきた
しています。インターネット等で鍼灸や筋肉治療などを目にしました。それは事故なら無理なのでしょうか?私はまだ21で学生なので、どうしても治したいのです。
良い方法はないものでしょうか?
回答 大変な交通事故に遭われ、さぞかしご苦労も大きいことと思います。そのような中で、頑張って良くなろうとするお気持ちに少しでもお応えしたいと思います。
さて、交通事故の後遺症では、むち打ちをはじめとして、様々な方が治療を受けられています。さらに、手術後の回復が、何らかの影響で芳しくない場合も、鍼灸治療は往々にして、すばらしい効果を上げる事が出来ます。
仰っている症状に対して、鍼灸がマイナスに働くことは非常に考えにくく、何らかの効果を期待出来ると言えます。
しかしながら、どれほどの効果を発揮出来るかは、やはり診察して、場合によっては、しばらく通院してみていただかないと、何とも言えません。
ただ、申しましたように、かなり期待が持てそうな状況ですので、ネットで通院可能な鍼灸院を検索され、メールで問い合わせられたりして、ご希望の鍼灸院へ行ってみて下さるようお勧めします。
更に、鍼灸治療のみではなく、西洋医学的なアプローチを併用され、リハビリ的な治療も同時並行で進められると、改善が早まる場合もあります。まだお若いですから、是非とも意欲的に改善を試みていただきたいと思います。
★参考になれば幸いです。

 

2017/03/24 交通事故   sakai
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >