病気相談

過去の病気相談で内容は以前「治療院コム」で(池田@群馬県・秋森@群馬県・中村@京都・酒井@千葉県・三瓶@福島県・牧@愛知県)で行っていたものを含みます。

不妊症

質問 不妊症について
年齢 42
性別 女性
症状
病名
不妊症(卵巣機能不全
今の
症状
 
いつ
から
去年の9月頃から
今の
治療
注射・お薬
発病
経過
ほとんど変わらない
質問
内容
はじめてご相談します。相談内容は卵巣機能不全を改善して自力で生理を起こし妊娠する事です。40歳で結婚しましたが39歳頃から生理が不規則になり、結婚と同時に排卵誘発剤を使って不妊治療を始めました。
半年後漢方医を受診、西洋医学との併用はだめだと言われ、漢方薬のみを服用していましたが、ホルモン値(FHS)を図った上での治療ではなかったので、生理が止まり更年期症状がひどく、不妊専門医を受診してホルモン療法を受けています。
いろいろな方法を(不妊症克服のため)してきましたが、不妊針はしたことがないので探しています。年齢の事もあるので一日も早く・・・と思っています。
回答 女性として大変気になるご病気で、さぞ、お辛いことと心中お察しいたします。
さて、ご質問いただきました、不妊についての鍼灸治療ですが、最近では、不妊の治療として鍼灸をお選びいただく女性も多いようです。
不妊に対する鍼灸治療については、これといった方法が確立されているわけでもなく、治療院によって治療方法は様々です。ただ、治療を担当する鍼灸師が異なっていても、不妊に対する鍼灸の考え方については、共通しているようです。それは、体表の経穴(ツボ)を鍼灸刺激することにより、体全体の機能を今まで以上に高め、妊娠に適応できるだけの体調を維持することです。
ただし、その効果については、治療を受ける患者様の身体状態により様々です。特に卵巣機能不全のように明らかな機能不全があった場合、残念ですが鍼灸のみで、結果を出すのは大変難しいと考えます。やはり産婦人科の治療と平行して鍼灸治療をしていただくのが最も良いように思います。鍼灸は、体に優しい治療法です、西洋医学の併用で問題となることも、ほとんど考えられません。どうぞご安心の上、鍼灸治療をお受けになってください。
こちらに詳しく載せています。

 

2017/03/24 不妊症(子宝鍼)   sakai
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください