病気相談

過去の病気相談で内容は以前「治療院コム」で(池田@群馬県・秋森@群馬県・中村@京都・酒井@千葉県・三瓶@福島県・牧@愛知県)で行っていたものを含みます。

妻の子宮筋腫

質問 妻の子宮筋腫
年齢  
性別 女性
症状
病名
 
今の
症状
 
いつ
から
 
今の
治療
 
発病
経過
 
質問
内容
28歳既婚男性、京都府在住の会社員です。
私の妻が子宮筋腫を持っております。
できるかぎりの安全な治療を探しております。
鍼灸治療で子宮筋腫がなおったなどの前例などはあるのでしょうか?
ご指導のほどよろしくお願いいたします。
回答 奥様について若干わかりにくいところもありますが、ご主人様と同じくらいの年齢かと考えます。
またお子さまがいらっしゃるかどうか、これによっても回答は多少異なることもあります。
鍼灸治療は、体全体を改善することにより、骨盤内の血行などをよくする働きもあり、子宮筋腫には大変効果があります。
定期的に鍼灸治療を行うことにより、筋腫自体は小さく縮小し、筋腫によって引き起こされている腰痛や腹痛、貧血などの症状は全く正常になる場合がほとんどです。
しかしながら匿名様がおっしゃる『なおった』と言う表現が、子宮筋腫が体内から消失した事をもって『治った』とする場合には、鍼灸治療をおすすめできかねます。
子宮筋腫によって引き起こされた症状は割合速やかに改善しますが、筋腫自体の縮小には、年単位での長期的な治療が必要と考えます。
症状などが改善し、筋腫の縮小があっても、消失には至らないケースも多いようです。
しかし、匿名様が求める『安全な治療』には、現在ですと鍼灸治療が一番ではないかと考えます。
たとえ小さくなって筋腫が存在しても、それが閉経後の年齢であれば、その後の奥様の生活などには支障を来したりしないだろうと思われますし、そうであれば『治った』と同じ意味ではないかと考えます。
★参考になれば幸いです。

 

2017/03/24 卵巣・子宮   sakai
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください