病気相談

過去の病気相談で内容は以前「治療院コム」で(池田@群馬県・秋森@群馬県・中村@京都・酒井@千葉県・三瓶@福島県・牧@愛知県)で行っていたものを含みます。

膠原病(強皮症)

質問 強皮症について
年齢 56
性別
症状
病名
強皮症 (膠原病内科に通院しています)
今の
症状
手足が冷えます。
いつ
から
3年前より
今の
治療
注射・お薬
発病
経過
少し悪くなってきている
質問
内容
鍼灸治療で、症状を改善できますか?
回答 強皮症とは、さぞかし大変なご様子と思われます。おつらい様子やご心配をお察しいたします。
さて、強皮症をはじめとする膠原病について、鍼灸は一般的に有効とされています。
それは、慢性関節リウマチにおいては、鍼灸による保険治療が認められる六疾患に含まれていることからも、膠原病における鍼灸の有効性に異論はないものと思われます。
しかしながら、慢性関節リウマチなどに比べると、強皮症は症例がやや少なく、今後も研究の余地が大きいのが実情です。
今回のご相談に際して、アンサー委員が今まで経験した同症の患者さん方に対する鍼灸治療は、完治は望めないまでも、日常生活の快適さが向上する、もしくは活動が楽になる場合が多い、という報告があります。
従いまして、そういう事実からも鍼灸治療は適応と考えられます。
但し、今回のご相談から察すると、担当鍼灸師が同症に関する正しい知識を有していることも必要で、メールなどで通院可能な鍼灸院に問い合わせてみてください。また、今回のご相談に関しては、実際に診せて頂いているわけではありませんので、お返事に限界がありますことをご了承下さいませ。
★参考になれば幸いです。

 

2017/03/24 膠原病   sakai
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

コメント送信フォーム


※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください