院長コラム

院長のよもやま話

男の隠れ家(3)

篠竹を刈り取り、地面を平らにほぼ整地し終わった状態。

海(パークゴルフ場)は南側に広がっている。

さて、ここで仮設の作業道の使用期限が切れる。元の状態に復元(草木が繁茂した状態)して県に返さなくてはならない。そうなると、この道は使えなくなるので新たな道路を作る必要がある。これは覚悟の上で進めてきたことなので次の段階に進むことに。つまり旭市との交渉。建築課などに何度も出向いて自分で作成した図面等を持参して新道施設の道を探る。

実は他にも周辺の道や既存の建築物との位置関係で境界が曖昧な所があり、多少の行き違い等もあってクリアーすべき難問が少々あった。しかし、それは建築基準法や道路関係の知識、公図、地籍測量図、地番図などなど貴重な勉強する機会を与えてくださったと思い感謝。何枚もの公図を照らし合わせながらレーザーで測量したりして土地の所在や接道状況を歴史を振り返って調べるのは楽しい。

再びバックホーを借りて小山を切り崩し、新道を作る。

その後、旭市が砂利をひいて道を固めてくれた。入り口はパークゴルフ場の方。

(3) Click!<<<  >>>(4) Click!

< 前の記事     一覧へ     後の記事 >