得意とする治療

得意な疾患

呼吸法

注意:当資料は成田市が毎年開催している「健康・福祉まつり」において酒井が講演したものです<無断転載禁止>

脱力>>息吸い>>止め>>息吐き

ヨガや自律訓練法でも使われている呼吸法や脱力法があります。それを習得することで、血中に酸素を多く取り込み、体中に気を巡らせて東洋医学でいうところの気血衛栄を盛んにします。

健康は正しく息を吸いたり吐くことが基本です。

呼吸法の指導は演劇で使われる役者の呼吸法と自律神経の訓練法などで使われる方法を合わせたようなものを行っております。

仰向けに寝て最初に脱力を確認、最初は5カウントで息を吸って、3止め、10で吐ききります。
吐く際には歯の裏側に息を当てて少しずつ「スぅ~」という音を立てながら。呼吸の際は横隔膜の動きに注視します。これを何クールか行います。慣れてきたらカウントは変更して試みます。

他にも

リラックスすることが大事

脳の働きに悪影響を与えるストレスを減らすためにリラックス効果のある治療を行います。

ストレス溜め込んでいませんか?それが一番の大敵です!妊娠することだけを考えてSEXをしていませんか?男女の出会いから交わりまでの自然なプロセスを思い出し、お互いに楽しまなくては受精の確立が下がります。

下着に興味をもってもらおう

下着は脳を刺激し、SEXのいい動機付けになります。下着選びをご主人と二人で楽しんだりすることもいいでしょう。女性はかわいい下着や刺繍が綺麗に施された下着を身に着けることで気分があがります。そういった心理をお互いに理解し、パートナーを大切に想う心が一番大事なのです。

< 前の記事     一覧へ     後の記事 >