得意とする治療

得意な疾患

基礎体温

注意:当資料は成田市が毎年開催している「健康・福祉まつり」において酒井が講演したものです<無断転載禁止>

鍼灸を続けることで基礎体温が安定してきたり高温期と低音期のメリハリが出てきます。

5-2.jpg

エストロゲンやプロゲステロンといったホルモンの状態や排卵時期をある程度把握でき、治療効果を計る目安にもなります。毎日日記のように記録が付けられる Webサイトや携帯アプリなどを利用されることをお勧めします。

☆お勧め TERUMO

他にも私たちは舌の状態や脈、臭い、下腹部の冷え、腰の状態、足のむくみ、顔色、声の張りなど東洋医学の「望聞問切」という方法で元々ある体質や現在の状態を観察します。

< 前の記事     一覧へ     後の記事 >