得意とする治療

得意な疾患

漢方と合わせて不定愁訴

「倦怠感・頭痛・いらだち・おちこみ・筋肉の疲れ引きつり・めまい・物忘れ」など原因不明で病名のつかない病気や症状にも対応できます。

鍼灸だけで改善しない場合は漢方薬を併用するといいケースが多々あります。漢方薬のご相談も承ります。

 

詳しくは「漢方鼎」へ >>

 

お世話になっている「あきば伝統医学クリニック」の秋葉先生は国際的に有名な漢方医です。

あきば伝統医学クリニック
難しい症例等で漢方薬の処方をお願いしています。

千葉鍼灸学会でお願いした講演会より

平成21年9月『湯液治療における「補」と「瀉」について』

秋葉哲生先生(あきば伝統医学クリニック院長)

 東洋医学における治療の基本が補瀉にあることはだれもが知っているが、実際の湯液治療においてはさほど重視される原則とは言い難かった。その理由はいくつか考えられるが、江戸時代半ば以後の漢方医学の展開と、明治期に復興し今日まで発展してきた漢方医学のあり方に理由があることは確かである。
 補または瀉という治方の前提が、実と虚である。実を瀉す、虚を補すという原則をいまいちど確認する必要がある。ここをあいまいにしたままでは、実際の湯液治療に当たって齟齬を生じる場合もあるからである。ここでは、補瀉を意識しないと的確な治療にならない事例をあげて、われわれの抱える問題点を明確にしたいと考える。


私見:鍼灸だけで不妊治療を成功に導くことも可能だが十分ではないかもしれない。やはり、生活習慣の見直し、運動習慣、食養などが重要になってくる。また、古来より鍼灸と合わせて漢方薬も多く使われており、鍼灸師単独では処方はできないまでも知識として知っておくことは重要。漢方医とよばれる証の立てられるドクターとの連携や、当院のように薬店を併設していれば、更に効果をあげることが可能だ。そこで、懇意にしている世界的に有名な漢方医 秋葉先生に講演をお願いした。ちなみに私(酒井)も先生と同様に漢方薬を藤平健氏から学んでおり、漢方薬と鍼灸を併用して効果をあげている。

    一覧へ     後の記事 >