得意とする治療

得意な疾患

橈骨神経麻痺と後骨間神経麻痺の鍼灸治療

橈骨神経麻痺(Saturday night palsy)

「土曜の夜の腕枕」という艶っぽい名称になっておりますが、これになるととても辛い症状が起こります。

酔払い

原因

一般的には腕枕や泥酔して寝てしまって腕が固いひじ掛けなどに押し付けられて起こると言われています。が、あまり知られていませんが案外多いのがSMの緊縛(縄で縛ること)事故によるものです。写真を見てください。吊るされている状態で上腕が縄で締め付けられ体重がかかって圧迫されています。これは緊縛師というプロの仕事なので腰からとった縄と胴の部分と両腕の縄とで力が分散していますので見た目ほどきつくはないですが。kinbaku.jpg

しかし、いくら気をつけていても事故が起こる時はおこってしまいます。

mahi.png橈骨神経は腕神経叢の後神経束から出て上腕三頭筋の内側頭と外側頭の間にあり上腕骨の後面にある橈骨神経溝という溝を通って下降し上腕と前腕の伸筋を支配します。

図で(B)の部分は橈骨神経溝の部分で上腕骨の外側に神経が回り込んでおり、ここで神経が骨に押し付けられるように外側から圧迫されると神経の損傷が起こります。
また脇の下(A)の部分で圧迫されるケースもあります。

緊縛では後ろに手をまわして上半身を縛る「後手縛り」というスタンダードな縛り方の時にカンヌキといって胸に横にかけた縄がすっぽ抜けて首を絞めたりしないように脇の下に滑り止めの縄を通すのですが、これによって圧迫される場合もあります。

この部分は橈骨神経のみならず手の神経である尺骨神経や正中神経も通っていますので、それらに傷害が発生することもあるでしょう。

他にも絞扼性神経麻痺の好発部位として肘から先では短橈側手根伸筋起始部から始まるフロセ(Frohse)のアーケードという回外筋入口部の狭いトンネルに入るところで起こる「後骨間神経麻痺」というのもあります。

グランド(床の上で縛る)ならほとんど問題になることはありませんが吊るとなると、うまく体重を分散するように何本もの縄を使ったり皮膚に当たる部分の縄の本数を増やしたりと、慎重に行わなくては危険です。なるべく早い展開で次のポーズに移行するようにし、特に横吊りなどは極力避ける方が無難です。そして万が一パートナーが異常を訴えたら、躊躇なく縄を切断し短時間で解放してください。鎌型のロープナイフがお勧めです。

症状

症状は神経の損傷があった部分によって違ってきます。

一番多いのは橈骨神経麻痺の「下垂手(Drop hand)」で、これは(B)の部分が損傷するとおこり、支配領域が親指と人差し指の辺りなので、ここに感覚の異常・麻痺などが生じます。kasuide.jpg

肘関節の屈側が損傷すると後骨間神経麻痺の「下垂指(Drop finger)」になり、これは手首の背屈は可能でも手指の付け根の関節の伸展ができなくなり感覚異常はないものの指だけが下がってしまいます。神経線維が麻痺している状態、ないしは感覚が無い状態を「シビレている」と表現する方もいますが、こういった状態を放置してはいけません。

神経は酸素不足の状態に弱く、潤沢に血液が行かなくなると情報を伝達できなくなります。また神経線維は髄鞘(ずいしょう)に被われ絶縁されていますが、そこが壊れていると神経の興奮が他の神経線維にも伝わってしまい嫌なジンジン・チクチクする感覚がいつまでも取れないで疼き続けます。

診断

傷害部を叩くと支配領域に疼痛が放散する現象であるチネル(Tinel)サインを確認することで、傷害部位を見つけることが出来ます。詳しくは病院で各種検査を受ける必要があります。

治療

外傷によるダメージが大きいものは手術が必要です。それ以外の保存療法的な処置(装具をつけたりビタミン剤などの内服や運動療法や保温など)で経過観察の場合は1~3か月を目途に次の治療方針をたてられることが多いようです。しかし、ここで鍼灸治療を開始すれば回復が早まります。治療開始は早ければ早いほどよく、予後も良好になります。

治療回数と費用

特にSMの事故などでは交通事故のように障害を加えた相手が保険に入っていて、それから支払われるというようなことはなく泣き寝入りになるケースが多いようです。ちなみに交通事故で怪我をさせてしまった場合は通院期間1か月で2~30万円程度、後遺障害が残ってしまったら等級にもよりますが14級で110万円程度と決まっているそうです。よって自腹で治さなくてはいけないなら、安く、しかも早く治す必要があるでしょう。

鍼灸治療橈骨神経麻痺の鍼治療

鍼灸は保存的療法で思ったような効果が得られない状況に対応でき、整体やマッサージなどの表面からの治療と違い直接損傷部位に刺激を加えることができるので時として絶大な効果を発揮します。

一般的に鍼灸院で扱われる神経麻痺の治療で一番多いのは顔面神経麻痺ですが、麻痺は得意分野といっていいでしょう。

具体的には、当院は損傷部位を特定し、その周囲に鍼を刺し微弱な電気を流して筋肉を強制的に動かして神経や筋肉に刺激を与えます。加えて超音波治療によって血行を促進し回復を早めます。早ければ数回で効果を感じていただけます。また、刺激を毎日加え続けるために自宅で自分で温灸や外側上腕筋間中隔を中心としたセルフマッサージなどをやっていただくこともあります。橈骨神経麻痺の温灸治療

写真は上から橈骨神経麻痺の鍼治療、温灸治療と皮内鍼、マッサージの指導、後骨間神経麻痺の鍼治療です。

遠方よりお出でいただく方も多いので、なるべく効果が長く持続するようにトゲのような鍼を何か所かに絆創膏で留めて1週間ほど刺激を与え続けてもらう方法をとることもあります。

しかし、鍼治療といっても共通の治療法があるわけでは全くなく、先生が違えば治療法や効果も違います。治療の回数や期間も傷害の程度や発症原因、経過などによって違ってくるので一概に何回で治りますなどとは言えません。来院が難しい地方の方には知り合いの鍼灸院をご紹介することもあります。後骨間神経麻痺のマッサージ

相談だけでも結構ですので、このような症状でお悩みなら一度連絡下さい。<<病気相談>>

 

 

後骨間神経麻痺の鍼治療

※写真は出張先のスタジオで撮影したものを許可を得て掲載させていただいています。

※今回ご協力いただきました緊縛師さんのWebに事故例などの記載がありますので参考に>>こちら

< Previous Article     To List     Next Article >