得意とする治療

得意な疾患

膝の痛み

変形性膝関節症など膝関節の障害でお悩みの方は多くいらっしゃいます。

変形してしまった軟骨に鍼灸は効かないと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、実はとてもよく効くんです。

膝小僧が見えない位腫れあがった膝の炎症や水の溜まっている状態が数回で改善したりします。

 

膝痛は膝関節の変形ではなくじん帯の硬さが原因

以前、千葉鍼灸学会をやっていた頃ですが、東京医科歯科大学の教授である宗田大先生という膝関節症の第一人者をお呼びして講義をしていただいたことがあります。先生によりますと、実は変形性膝関節症と診断されて来院された患者さんたちのほとんどは、変形性膝関節症の程度は軽く、主に膝周囲のじん帯の硬さが原因で痛みが出ている。ということをお話になられてました。そして「痛点ストレッチ」を推奨されています。つまり膝のお皿を痛い方向にグイグイ押すと痛みが消えるという方法です。この方法はじん帯を柔らかくすれば治るということで、鍼灸に置き換えることが可能です。そして鍼灸なら痛みをこらえながら押す必要はなく無痛で治せます。

 

なお、靭帯だけでなく膝関節の使いすぎによって膝蓋下脂肪体が炎症を起こしたり痛みが出る場合があります。膝を折ると膝下が膨らんでブヨブヨするような状態ですが、これらに鍼治療は有効です。鍼には炎症を静める効果があるので膝小僧周囲がパンパンの状態が縮小してきます。

治療回数は数回で変化が現れますので是非一度お試しください。

< Previous Article     To List