得意とする治療

得意な疾患

特に多い病気

漢方と合わせて不定愁訴

「倦怠感・頭痛・いらだち・おちこみ・筋肉の疲れ引きつり・めまい・物忘れ」など原因不明で病名のつかない病気や症状にも対応できます。鍼灸だけで改善しない場合は漢方薬を併用するといいケースが多々あります。漢...

詳細ページへ

パーキンソン病の鍼灸治療に関する研究

神経難病、特にパーキンソンやALSがありますが、鍼灸は有効であるという証明をするための研究に千葉鍼灸学会として長く携わってきています。この写真は研究でお世話になっている鎌ヶ谷総合病院にて神経内科・神経...

詳細ページへ

脳の病気にも鍼灸が有効

昔から脳波やf-MRIによる解析で鍼灸が脳にどのような影響を与えるかの研究を行ってきました。写真は千葉大にて脳波測定中!被検者は鍼灸学校の学生。左手の合谷というツボに鍼をしているは私。脳研究について「...

詳細ページへ

スポーツ障害に鍼灸は多用されている

オーバーユースによる障害やフォームの悪さが原因でおこるスポーツ障害を多く見てきました。最近は健康になるためにスポーツを始める中高年も多く、地元のランニングやトライアスロンのクラブで共に活動しながらフォ...

詳細ページへ

顔面神経麻痺の鍼灸治療(千葉県成田市)

顔面が麻痺する原因はこれは様々です。代表的なものに帯状疱疹ウイルスが顔面神経管の中の顔面神経に感染して生じる「ラムゼイ・ハント症候群」があります。ヘルペスウイルスによって発症する「ベル麻痺」もあります...

詳細ページへ