薄毛・脱毛

薄毛と脱毛

頭皮と頭蓋との間がぶよぶよしているとか硬いような状態があったら注意しなくてはいけません。これは血や水が停留していて正常ではないからです。毛髪にとってみれば頭皮は生まれ育つ場所で、ここが正常に機能しないと太くて丈夫な毛が生えにくくなったり抜けたりします。

頭皮は表面から表皮・真皮・皮下組織の3つから構成されていますが、特に真皮から下はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどがあり血管から毛根に繋がっています。

脱毛の原因は様々ですが、生活習慣、ストレス、加齢、ホルモンバランスの乱れなどによって血行が悪くなり毛根に栄養が届かなくなると、毛が細くなったり抜けやすくなります。
全身性エリテマトーデスによる脱毛もあります。

施術は、頭皮に添わせるように真皮中に鍼を刺入し通電を行うことで血行を促し毛根の再生を図ります。
免疫異常で起こる場合などは全身調整が必要になる場合もあります。

頭皮に鍼をして通電し超音波で刺激

原因としてはいろいろ考えられます。自己免疫疾患によるものやアトピー、ストレスによる交感神経の緊張で血管が収縮し毛根への血流が滞るケース、遺伝、女性の場合に多い更年期障害やホルモンバランスの乱れからくる抜け毛や脂漏性皮膚炎などもあります。最近ではコロナワクチン接種後に抜毛や脱毛がおこったケースなどもあります。

当院ではマイクロスコープで頭皮を観察しながら経過をみていきますが、1回の施術で抜け毛が止まる感じが得られたり、数回で生えてなかった頭皮から毛髪が伸びてきたりといった変化が現れ、案外短期で結果を実感できることが多いです。諦めないでお試しいただけたらと思います。

【症例報告】

◆40代 女性

頭痛とPMS(月経前症候群)で来院。
頸部筋緊張性頭痛は、首および肩脊部の筋緊張を取ることで1回で改善。PMSも含め計3回の施術で軽減。

3か月後に「抜毛」で再来院。
シャンプーの際に抜け毛が目立つようになり気になりだしたとのこと。
上実下虚(冷えのぼせ)の傾向があり更年期障害が疑われる。東洋では肺の虚がみられ「肺は皮毛を主る」と言われ、皮膚の病気が出やすい傾向が感じられたので、それを補うツボを使用し頭皮にも直接鍼をし通電を行う。
3回ほど施術すると頭のムズムズが消え、抜け毛が止まったようだと連絡があり施術を終了する。

◆30代後半 男性

アトピー性皮膚炎の既往があり、3か月前急に円形脱毛症を発症。
両側のコメカミ付近と側頭部に5か所以上の大きな脱毛があり全体的に細くなってきたとのこと。
病院でアンテベートローション(ステロイドの塗り薬)、グリチロン配合剤(抗アレルギー薬)、セファランチン(育毛剤)、フロジン外用液(発毛と白斑)

冷えがあり逆気(上下の気のバランスの崩れ)が感じられたので、頸肩部と頭皮に直接数本の鍼を水平に刺入し通電を行う。
4回で産毛が生えてきて抜毛も止まる。更に3回で左半分の脱毛が目立たなくなる。来院時からかぶっていた帽子を取ることができるようになる。
まだ目立つ右半分の施術を4回行い毛が太くなってきたことを確認し計11回で終了。

◆50代 女性

1年前より更年期障害になり、寝汗、ほてり、むくみ、冷えを強く感じるようになると同時に頭頂部の「抜毛」が目立つようになる。自律神経症状も出ていたので全身の施術と合わせて頭部に鍼をする。
抜毛は7回ほどで改善してくるも、更年期症状がその都度改善はあるものの一進一退の状況で半年(23回)ほどの施術でようやく安定してきた。

◆20代前半 男性

指定難病で服薬を中止してから炎症が再発し「脱毛」が起こる。
他にも全身の倦怠感や過敏性が出現。ディスコイド疹と思われる発疹も見受けられる。
頭部に鍼をすると2回で全体的に産毛のような毛髪が出現し7回目(2か月後)には発疹が消え片側の頭髪はほぼ生え揃って目立たなくなる。更に9回の施術で毛の質は細いものの頭皮がほぼ全て生えてきたので終了。

◆40代後半 女性

数年前から頭皮が脂ぎった感じがし抜け毛が多くなった。毎日大量のフケが出て、最近さらに髪の毛も細くなってきた気がする。ストレスのせいか不眠がちで頭皮も薄くなったような気がする。何件かの皮膚科を受診し「脂漏性皮膚炎」と診断される。アレルギー等はない。更年期の影響もあるかと思い婦人科に行くも検査の結果で特に異常はないとのこと。皮脂、湿疹が気になり髪がパサつく感じが嫌で病院でも改善が見られないので来院。

首肩こりと腰痛があったので、頭皮への直接的な施術に加えて背中へも行った。開始2回目で腰痛が治り5回目くらいから頭皮のムズムズが少なくなりフケの量も減った。肩こりも徐々に改善し10回目にはほとんどフケが出ることがなくなり頭皮のヒリヒリするような感じもとれてきた。今までフケや抜毛などが気になり精神的に辛かったのも解消されたので13回目で終了。

得意とするもの

スポーツ障害

2022-11-23

太もも(ハムストリング)の肉離れは選手にとって致命的ともいえる悲惨な状況に陥ることが多いです。しかし、焦って練習を早期に再開すると再発する恐...

爪甲剥離

2022-11-23

爪甲剥離とビュルガー(バージャー)病Q. 爪甲剥離に鍼灸は効きますか?今、病院にかかっていますが爪甲剥離がなかなか良くなりません鍼灸での効果...

花粉症

2022-11-23

花粉症の鍼灸基本的には花粉症をおこす体質を改善する全身治療を行ないます。つまり身体にある関連する経穴や経絡に適当な刺激を加え、起こりにくい身...

美容鍼

2022-11-23

美容鍼灸ブーム?最近はすっかりブームになっている「美容鍼灸」だが、実はこれを流行らせた北川氏とは以前「医道の日本社」で鍼灸の情報化に関するこ...

膝の痛み

2021-04-08

変形性膝関節症など膝関節の障害でお悩みの方は多くいらっしゃいます。変形してしまった軟骨に鍼灸は効かないと思っている方もいらっしゃるかもしれま...

薄毛・脱毛

2020-09-15

薄毛と脱毛頭皮と頭蓋との間がぶよぶよしているとか硬いような状態があったら注意しなくてはいけません。これは血や水が停留していて正常ではないから...

目の不調(バセドウ病など)

2020-09-09

鍼灸がよく効く目の不調一言で目の不調といっても様々ですが、鍼灸が効果的なケースが多くあります。目は、このように多くの筋肉によって支えられてい...

健康チェックしてみませんか?

2020-01-14

このサイトで事前に自分の健康度をチェックしてみることをお勧めします。健康・体力づくり事業財団http://www.health-net.or...

動物への鍼灸

2020-01-13

動物の鍼灸(はり・きゅう・マッサージ)西洋の近代獣医学が導入されたのは、明治5年からになります。それ以前は主に家畜や、戦国時代だったら武将な...

鍼灸って何に効くの?

2020-01-12

世界保健機関であるWHOではなどに効果があると示されています。?...

小児のマッサージと鍼

2020-01-10

スキンタッチという小児鍼法当院でお母さんたちに指導している子供向けのマッサージや家庭出来きる鍼があります。鍼でも刺さない子供向けのものがあり...

橈骨神経麻痺と後骨間神経麻痺

2020-01-09

橈骨神経麻痺(Saturday night palsy)「土曜の夜の腕枕」という艶っぽい名称になっておりますが、これになるととても辛い症状が...

アトピー性皮膚炎に鍼灸

2020-01-09

暖かくなると急に増える花粉症は、仕事にも支障をきたしQOL(生活の質)を著しく損ないます。また、子供のころからアトピー性皮膚炎や各種のアレル...

顔面神経麻痺

2020-01-08

顔面が麻痺する原因はこれは様々です。代表的なものに帯状疱疹ウイルスが顔面神経管の中の顔面神経に感染して生じる「ラムゼイ・ハント症候群」があり...

スポーツ障害に鍼灸は多用されている

2020-01-07

オーバーユースによる障害やフォームの悪さが原因でおこるスポーツ障害を多く見てきました。最近は健康になるためにスポーツを始める中高年も多く、地...

脳の病気にも鍼灸が有効

2020-01-06

昔から脳波やf-MRIによる解析で鍼灸が脳にどのような影響を与えるかの研究を行ってきました。写真は千葉大にて脳波測定中!被検者は鍼灸学校の学...

更年期障害にこそ鍼灸

2020-01-05

案外知られていないようですが鍼灸は更年期障害に有効です!女性特有の誰でも多かれ少なかれ悩まされる病気の一つに更年期障害があります。症状は人に...

漢方薬と合わせて不定愁訴も

2020-01-04

「倦怠感・頭痛・いらだち・おちこみ・筋肉の疲れ引きつり・めまい・物忘れ」など原因不明で病名のつかない病気や症状に鍼灸だけで改善しない場合は漢...

子宝鍼灸

2020-01-03

古くから行ってきた逆子の矯正に加え、最近は不妊から出産後の体調回復、産後うつまで幅広く対応します。また、漢方などを組み合わせることによって体...

パーキンソン病と鍼灸に関する研究

2020-01-02

神経難病、特にパーキンソンやALSがありますが、鍼灸は有効であるという証明をするための研究に千葉鍼灸学会として長く携わってきています。この写...

鍼灸や漢方で心と体を癒し免疫力UP!

2020-01-01

新型コロナに免疫力で打ち勝つ!!自然免疫を獲得するにはウイルスなどの外敵対策として重要なのは「感染しないように防御する」ことですが、同時にウ...