花粉症

花粉症の鍼灸

花粉症のつぼ基本的には花粉症をおこす体質を改善する全身治療を行ないます。つまり身体にある関連する経穴や経絡に適当な刺激を加え、起こりにくい身体にすることを目的とします。花粉症とは?「鼻でおきた喘息」のような解釈で、慢性的な鼻粘膜周辺の継続的な炎症という見方を私はしておりますので、ここの炎症を鎮めることができれば、粘膜の過敏性もとれQOL(生活の質)が改善されるということを多くの症例から確認しております。

左の写真は鼻の両脇の迎香と印堂というツボに鍼をしているものです。こういった治療に加えて頭の中のツボに小さな灸1つ。これで症状がだいぶ軽減されるか消失します。その方のご希望や体質に合わせて治療法は変わりますが、花粉症の季節のはじまる少し前から通常の鍼灸施術で体調を整えておくと、あまり重い症状が出ないでその季節をやり過ごすことが出来ます。

東洋医学的な考え方

鼻閉、鼻汁は感冒や急慢性鼻炎・急慢性副鼻腔炎などによくみられ、一般的には外感性のものと内傷性のものに分類されている。鍼灸では鼻閉、生臭い鼻汁、鼻覚減退を主証とする病証を鼻淵と称しており『内経』には「脳滲(ノウシン)」「膿漏(ノウロウ)」の記載がある。

●原因となる習慣など
 1.辛いもの・甘いもの・油っこいものなどの偏食
 2.過飲酒の習慣
 3.情志失調
 4.飲食不節
 5.過労
 6.思慮過度

●症状別対処方
〔タイプ1〕
 主要症状:鼻汁は粘り白く量多、鼻汁の臭いはない、鼻覚減退、鼻閉は時に軽く時に重い
 舌脈所見:舌質淡、舌苔薄白、脈緩弱
 随伴症状:頭重感、めまい、自汗、悪風、息切れ、話すのがおっくう、声に力がない、咳嗽
 ツボ:上星、迎香、肺兪、太淵、太谿

〔タイプ2〕
 主要症状:鼻汁は黄色で濁っており粘い、量が多い、臭いがする、鼻閉、鼻覚減退
 舌脈所見:舌質紅、舌苔黄、脈弦数
 随伴症状:頭痛または片頭痛、咽頭部の乾き、めまい、耳鳴り、難聴
 ツボ:太衝、風池、陽陵泉、上星、迎香

花粉症のツボ

自分で出来るつぼ押し花粉症の顏のツボ

  1. おでこの皮膚をそっと頭の方へ押し上げる(息を吸ってみると吸いやすいはず)これを10~15秒位普通に呼吸しながら続ける。同様に目の下の頬の皮膚にも行なう(範囲は耳の方まで)。さらに鼻筋上の額の中央髪の生え際(上星)を強めに指圧します。また、晴明から迎香まで(両目の間から小鼻まで鼻の脇を鼻をつまむように)を温かくなる程度に両方のひとさし指でなでさする。
    粒鍼といって透明の5?直径程度の丸いテープで1.2mm位の小さい金属粒を貼る治療があります。これは自分で買ってきて行っても効果的です。めがねの鼻あてで隠れるので、花粉症のシーズンには粒鍼+花粉よけメガネで少し症状が軽くなるでしょう。
  2. 手のツボは曲池や合谷、など主に肘関節?手首関節、および合谷までをマッサージする。
     手のツボを揉むと鼻がすっきりしてきます。また、首肩こりがあると花粉症の症状が重くなりますので、これをとる目的でも効果的。
  3. 【足】三里をさする。
     東洋医学では五行の理論で治療をしますが、母と子の関係で肺(金)を補う目的で土の働きに関係する足三里を使います。
  4. 身体を温める目的で、湧泉とか三陰交を刺激する。
     身体が冷えていると花粉症になりやすかったり症状が悪化します。ですから身体の血行を良くする意味でこのツボを使います。また、湧泉と上星または百会をセットで使うと気が通る(足から上昇して百会に抜ける)のでよく効きます。
  • Q. いつ頃から花粉症治療を?

    毎年花粉症でお世話になっています。いつもは花粉が飛び始めるころにお邪魔して、数回例の皮内鍼をやっていただいて、お陰様でそれほど苦しくなくシーズンを過ごせています。が、今年は仕事の関係で人と会う機会が多いので何とかできれば症状がほとんど出ない状態で過ごしたいのです。>ちょっと希望が高すぎるかな?以前、早めに治療(全身)を開始すればもっと押さえ込むことが出きるかもしれないって先生が仰っていたのを思い出したので。そんなこと可能でしょうか?
     
  • A.
    冷えが強い方は早めに開始しすると花粉症の症状を軽くすることができます。そして、これを始める時期は体質改善ですから早ければ早い方がいいのですが、特に冷えと消化器疾患との関わりが深いので、この辺を中心にやります。冷え以外にも肌荒れや便秘なども改善します。
    何でもそうですが根っこ(体質)があって出てくるので、その根の治療をしないと葉っぱが活き々としてこないってことです。でも、対症療法って言うんですが鼻の周辺のツボだけ使って血行を良くして粘膜の炎症を一時的に抑えるだけでも症状は軽くなるので、忙しい方は時期的な病気ならこれでもいいかということでやっているわけです。

 

得意とするもの

スポーツ障害

2022-11-23

太もも(ハムストリング)の肉離れは選手にとって致命的ともいえる悲惨な状況に陥ることが多いです。しかし、焦って練習を早期に再開すると再発する恐...

爪甲剥離

2022-11-23

爪甲剥離とビュルガー(バージャー)病Q. 爪甲剥離に鍼灸は効きますか?今、病院にかかっていますが爪甲剥離がなかなか良くなりません鍼灸での効果...

花粉症

2022-11-23

花粉症の鍼灸基本的には花粉症をおこす体質を改善する全身治療を行ないます。つまり身体にある関連する経穴や経絡に適当な刺激を加え、起こりにくい身...

美容鍼

2022-11-23

美容鍼灸ブーム?最近はすっかりブームになっている「美容鍼灸」だが、実はこれを流行らせた北川氏とは以前「医道の日本社」で鍼灸の情報化に関するこ...

膝の痛み

2021-04-08

変形性膝関節症など膝関節の障害でお悩みの方は多くいらっしゃいます。変形してしまった軟骨に鍼灸は効かないと思っている方もいらっしゃるかもしれま...

薄毛・脱毛

2020-09-15

薄毛と脱毛頭皮と頭蓋との間がぶよぶよしているとか硬いような状態があったら注意しなくてはいけません。これは血や水が停留していて正常ではないから...

目の不調(バセドウ病など)

2020-09-09

鍼灸がよく効く目の不調一言で目の不調といっても様々ですが、鍼灸が効果的なケースが多くあります。目は、このように多くの筋肉によって支えられてい...

健康チェックしてみませんか?

2020-01-14

このサイトで事前に自分の健康度をチェックしてみることをお勧めします。健康・体力づくり事業財団http://www.health-net.or...

動物への鍼灸

2020-01-13

動物の鍼灸(はり・きゅう・マッサージ)西洋の近代獣医学が導入されたのは、明治5年からになります。それ以前は主に家畜や、戦国時代だったら武将な...

鍼灸って何に効くの?

2020-01-12

世界保健機関であるWHOではなどに効果があると示されています。?...

小児のマッサージと鍼

2020-01-10

スキンタッチという小児鍼法当院でお母さんたちに指導している子供向けのマッサージや家庭出来きる鍼があります。鍼でも刺さない子供向けのものがあり...

橈骨神経麻痺と後骨間神経麻痺

2020-01-09

橈骨神経麻痺(Saturday night palsy)「土曜の夜の腕枕」という艶っぽい名称になっておりますが、これになるととても辛い症状が...

アトピー性皮膚炎に鍼灸

2020-01-09

暖かくなると急に増える花粉症は、仕事にも支障をきたしQOL(生活の質)を著しく損ないます。また、子供のころからアトピー性皮膚炎や各種のアレル...

顔面神経麻痺

2020-01-08

顔面が麻痺する原因はこれは様々です。代表的なものに帯状疱疹ウイルスが顔面神経管の中の顔面神経に感染して生じる「ラムゼイ・ハント症候群」があり...

スポーツ障害に鍼灸は多用されている

2020-01-07

オーバーユースによる障害やフォームの悪さが原因でおこるスポーツ障害を多く見てきました。最近は健康になるためにスポーツを始める中高年も多く、地...

脳の病気にも鍼灸が有効

2020-01-06

昔から脳波やf-MRIによる解析で鍼灸が脳にどのような影響を与えるかの研究を行ってきました。写真は千葉大にて脳波測定中!被検者は鍼灸学校の学...

更年期障害にこそ鍼灸

2020-01-05

案外知られていないようですが鍼灸は更年期障害に有効です!女性特有の誰でも多かれ少なかれ悩まされる病気の一つに更年期障害があります。症状は人に...

漢方薬と合わせて不定愁訴も

2020-01-04

「倦怠感・頭痛・いらだち・おちこみ・筋肉の疲れ引きつり・めまい・物忘れ」など原因不明で病名のつかない病気や症状に鍼灸だけで改善しない場合は漢...

子宝鍼灸

2020-01-03

古くから行ってきた逆子の矯正に加え、最近は不妊から出産後の体調回復、産後うつまで幅広く対応します。また、漢方などを組み合わせることによって体...

パーキンソン病と鍼灸に関する研究

2020-01-02

神経難病、特にパーキンソンやALSがありますが、鍼灸は有効であるという証明をするための研究に千葉鍼灸学会として長く携わってきています。この写...

鍼灸や漢方で心と体を癒し免疫力UP!

2020-01-01

新型コロナに免疫力で打ち勝つ!!自然免疫を獲得するにはウイルスなどの外敵対策として重要なのは「感染しないように防御する」ことですが、同時にウ...